築年数が不動産売却に及ぼす影響と有効的な対策法の画像

築年数が不動産売却に及ぼす影響と有効的な対策法

不動産売買ノウハウ

築年数が不動産売却に及ぼす影響と有効的な対策法

せっかく不動産を売却するならできるだけ高く、早く売りたいですよね。
しかし、売り手の一方的な都合で条件を設定しても、結果として買い手が見つからず、管理費、固定資産税などの負担が大きくなっては困ります。
築古、築浅がどのように不動産売却に影響するのかについてご紹介します。
築年数の古いマンションも多くなってきた昨今、売却の際には事前の対策が重要になりそうです。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の築年数~築浅物件売却の注意点~

築浅の物件であれば、早くに買い手が見つかると考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし人気は高いとはいえ、築浅物件であれば必ず売却できるというわけではありません。
注意点の一つは、住宅ローンを借り入れている物件の場合です。
この場合は、売却時に借入金の一括返済をしなければ、金融機関への担保である抵当権が外れません。
売却する際は住宅ローンの完済が必須条件となります。
また、購入者にとってのデメリットも考慮する必要があります。
住宅に何かしらの欠陥があった場合に、売主が補修を負担する瑕疵担保責任については、新築物件では10年間のところが、築浅物件では大抵長くて2年程度なので、建物の劣化に伴い、購入者はメンテナンス費用を負担しなくてはなりません。
他にも新築物件では受けられる固定資産税の軽減措置も、築浅物件では受けられません。
このようなことから、新築物件と比較されてしまうと、購入者にとってネックになってしまうでしょう。
そのようなデメリットは交渉の材料にもなりますので、築浅物件の売却時は事前にしっかりと把握しておく必要があります。

不動産売却の築年数~築年数が古いと売れないのか~

新築マンションは人気が高く、築年数の古いマンションは売却しにくいと考えている方は多いのではないでしょうか。
確かに築年数の古いマンションのなかでも、40年を超えるような物件はデメリットを抱えています。
まず、耐震性に問題があることが多いということです。
1981年6月以前に建てられたマンションは耐震基準が厳格化される前になるので、現在の建物よりも、耐震性能が低い傾向にあります。
また、住宅ローンを借り入れる際にも、金融機関は担保評価額に返済の期間を設けていたり、築年数を制限して申し込みを受け入れていたりするため、融資の審査が通常より厳しくなります。
しかし、メリットがゼロというわけではありません。
築年数の古いマンションは、立地が優れていることが多いのです。
大抵マンションは立地の良い場所から建てられていくので、築浅物件よりも築年数の古い物件のほうが、駅近など便利であることが多いです。
このようなメリットを生かして、資産価値がゼロになる前に売却しましょう。
また、売却した場合の相場よりは低くなりますが、不動産に買い取ってもらうことも可能です。
メンテナンスの手間を考えると、早めに買い取ってもらうことを視野に入れるのも良いかもしれません。

まとめ

築浅物件でも売却時に注意するべき点や、築年数の古いマンションのメリットなどを見てきました。
売却時には購入検討者のメリット、デメリットを充分に把握して、早期売却を目指していきましょう。
私たちリクラス不動産販売株式会社は、神戸市をはじめとした兵庫県の不動産情報を豊富に取り扱っております。
神戸市の売却査定・一戸建て・マンションはお任せください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

この記事の執筆者

このブログの担当者  大石尚輝

リクラス不動産販売 ブログ担当
【 不動産業界歴:25年】

【資格:宅地建物取引士】

長い業界歴を活かして、お客様の物件探しをサポートいたします。神戸周辺エリアで不動産業に25年携わった経験と不動産取引1000件以上の実績を活かして、お客さまに合わせたご提案をさせていただきます。リクラス不動産販売でお客様の夢や幸せを叶える一助となるべく、全力でサポートいたします。神戸市の不動産に関するご相談は、地域密着のリクラス不動産販売にお任せください。

”不動産売買ノウハウ”おすすめ記事

  • 家の売却でやってはいけないこと!準備から引き渡しまでステップ別に解説の画像

    家の売却でやってはいけないこと!準備から引き渡しまでステップ別に解説

    不動産売買ノウハウ

  • 任意売却で買い手がつかないとどうなる?理由や対策法をご紹介の画像

    任意売却で買い手がつかないとどうなる?理由や対策法をご紹介

    不動産売買ノウハウ

  • マイホームを住み替えるメリットとは?住み替えの流れやデメリットも解説の画像

    マイホームを住み替えるメリットとは?住み替えの流れやデメリットも解説

    不動産売買ノウハウ

  • 所有者が入院中でも不動産売却は可能?売却する方法をケース別で解説!の画像

    所有者が入院中でも不動産売却は可能?売却する方法をケース別で解説!

    不動産売買ノウハウ

  • 離婚時の住宅ローンで確認するポイント!支払い義務や住み続ける方法も解説の画像

    離婚時の住宅ローンで確認するポイント!支払い義務や住み続ける方法も解説

    不動産売買ノウハウ

  • 住宅ローンを減額したい!総返済額を減らす方法や売却が必要なケースを解説の画像

    住宅ローンを減額したい!総返済額を減らす方法や売却が必要なケースを解説

    不動産売買ノウハウ

もっと見る