神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学科や特徴をご紹介の画像

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学科や特徴をご紹介

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学科や特徴をご紹介

子育て中の方のなかには、引っ越しの際にそのエリアの教育環境を重視する方も多いのではないでしょうか。
小学校や中学校も重要ですが、どのような高等教育機関があるのか気になっている方もいらっしゃるかと思います。
この記事では、神戸市中央区にある神戸女子短期大学の概要や学科、学生生活などをご紹介します。

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の概要

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の概要

まずは、建学理念やアクセスなど、神戸女子短期大学の概要をご紹介します。

建学理念・教育方針

神戸女子短期大学では、建学の精神を「民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする有為な女性を育成すること」と定めています。
この実現のために、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成に力を尽くしているのが特徴です。
また、学位授与の方針であるディプロマ・ポリシーや、教育課程のカリキュラム・ポリシーなどを教育方針として定めています。
建学理念や教育方針からも、積極的に社会に参画し主体的な問題解決を図ろうとする女性の育成に力を入れていることが伺えます。
神戸女子短期大学に通えば、自立心や創造性を備えた女性に成長できるでしょう。

表彰制度

神戸女子短期大学の特徴的な取り組みの1つが、表彰制度です。
在学中に優秀な成績や顕著な功績を修めた学生を表彰するもので、候補者は毎年教職員と学生から広く推薦して選考されます。
表彰の内容はさまざまで、学業優秀や課外活動優秀をはじめ、学内外の活動でほかの模範となる行為があった学生などが表彰されます。
いずれも日々の努力が重要であり、神戸女子短期大学では表彰制度を通じて努力が報われる環境を整備しているのが特徴です。

アクセス

神戸女子短期大学は、神戸市中央区のポートアイランドキャンパスにあります。
ポートアイランドキャンパスには、神戸女子短期大学のほか神戸女子大学の3学部や大学院の2研究科があります。
キャンパスは三宮駅からポートライナーで約10分のみなとじま駅から歩いて5分ほどのところにあり、アクセスは良好です。
ポートライナーは神戸空港方面から来るものも含め、すべての行き先がみなとじま駅に停車するため、通学の際にも便利です。
バスを利用する場合、三宮駅前・神戸駅南口から神戸女子大学前で下車すれば徒歩約1分でキャンパスに到着します。

●所在地:兵庫県神戸市中央区港島中町4-7-2
●アクセス方法:ポートライナー「みなとじま」駅より徒歩約5分

▼この記事も読まれています
神戸市の「神戸どうぶつ王国」で子どもと楽しもう!パークの魅力とは?

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学科

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学科

神戸女子短期大学では、3つの学科にくわえ、学科にとらわれない学びの場として教養科目が設置されています。
それぞれの学科の概要や教育目標、教養科目についてご紹介します。

総合生活学科

総合生活学科は、生活の基本である衣・食・住から、情報・ビジネス、コミュニケーション、心理まで、人生を豊かにするさまざまな要素を学ぶ学科です。
衣・食・情報を中核的な科目群とし、生活全般にわたる選択科目を総合的に履修することで、的確な判断力や実践力を兼ね備えた人材を育成することを目標としています。
やりたいことがすでにある方は、興味のある分野をじっくりと、これから夢を見つけたい方はさまざまな分野を幅広く、自分の興味関心に応じて学びを深められます。

食物栄養学科

食物栄養学科は、日々の健康を支える食を提供する技術と、心と身体の成長に役立つ食のあり方を考え実践する力を身に付ける学科です。
食に関する6領域の学習にくわえて、創造性や対話力を養成する教育プログラムを取り入れ、栄養士の資格を生かして社会に貢献できる人材を育成することを目標としています。
現代社会の基盤を支える栄養と食育のスペシャリストである栄養士を目指す方におすすめです。

幼児教育学科

幼児教育学科は、子どもたちを笑顔にでき、子どもたちの未来を育むことのできる保育者になるための力を身に付ける学科です。
保育者として高い専門性を身に付け、子どもの育成に貢献できる人材を育成することを目標としています。
神女中山手保育園での実践的な学びやゼミ、ボランティア活動など子どもと触れ合う機会が豊富で、実力を伸ばす機会が多く用意されているのが魅力です。

教養科目

教養科目では、専門分野にとらわれない幅広い教養や視野を身に付けられます。
「心身の健康科目群」や「感性を磨く科目群」など5つの科目群があり、女性としての魅力を身に付けられるさまざまな科目から好きなものを選べます。
なかでも注目したいのが、「キャリアへのアプローチ」という科目です。
キャリアサポートセンターや外部講師などのプロの指導で、自らのライフデザインやキャリアデザインを描くための知識とマナーを習得できます。

▼この記事も読まれています
神戸市中央区にあるおすすめ動物病院2選!診療領域や診察できる動物の種類紹介

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学生生活

神戸市中央区にある神戸女子短期大学の学生生活

神戸女子短期大学での学生生活は、講義以外にもさまざまな課外活動やイベントがあります。
学生生活を彩る課外活動やイベントをご紹介します。

神女イベント

神戸女子短期大学の魅力の1つが、「神女イベント」とも呼ばれるさまざまなイベントが開催される点です。
たとえば、学園祭のPI神女祭りでは、学生による模擬店や出し物、外部からゲストを招くトークショーなどがおこなわれます。
ブルーム展では制作展を開催し、講義で学生が作成した作品の展示をおこなっています。
これらの主なイベントだけでなく、スポーツ大会やすいかまつりなど、学生間の親睦を深められるイベントも豊富です。
神戸女子短期大学で経験できるさまざまなイベントは、日頃の努力の成果を披露する場であると同時に、学生生活を彩る忘れられない思い出になるでしょう。

クラブ活動

神戸女子短期大学にはさまざまなクラブや同好会があり、興味関心に合わせた活動をおこなっています。
特徴の1つが、栄養研究部や社会福祉部など、学科で学べる内容に合わせたクラブや同好会がある点です。
興味がある分野をよりじっくりと学びたい場合は、講義にくわえてクラブ活動でも学びを深められるでしょう。

国際交流・留学

神戸女子短期大学では、国際交流や留学にも力を入れています。
ハワイ大学と1983年に提携を結んで以来、毎年ハワイ大学での英語研修に学生を派遣していて、研修生の総数は2,000人をゆうに超えています。
ハワイ大学での英語研修の魅力は、語学の実力を向上させられるだけでなく、アメリカの生活習慣も学習できる点です。
ハワイ大学の学生がインターチェンジャーとして授業に参加するため、現地の生活習慣やアメリカ人の考え方まで学習できます。
およそ1か月の研修の最終日には、司会やスピーチ、エンターテイメントまですべて研修生が担当する修了式が開催され、学びの成果を発揮します。
語研修に参加すれば、講義や現地の学生との交流などを通じて、語学力はもちろん国際社会で活躍するうえで欠かせないさまざまな能力を身に付けられるでしょう。

▼この記事も読まれています
神戸市中央区の住みやすさは?生活に便利な立地で快適なマイホームを

まとめ

神戸市中央区にある神戸女子短期大学は、心身ともに健康な国民の育成に向け、自立心や創造性を備えた女性の育成に力を入れている短期大学です。
総合生活学科・食物栄養学科・幼児教育学科の3学科があり、すでに学びたい内容が決まっている方はもちろん、これから夢を探したい方にもおすすめのカリキュラムが整備されています。
お子さまに積極的に社会に参画できる女性に成長してほしいとお考えの方は、神戸市中央区の神戸女子短期大学周辺への引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか。